電力自由化はメリットだけ?デメリットや用心すべき落とし穴は無い?

2016年4月からスタートした”電力自由化”

簡単に言い現わすと、サービス内容や料金プランを見比べて「自由に電力会社が選べる」ことですよね。

スタートから1年以上経過し、電力自由化で新しい電力会社に切り替えて、良かったと感じる方も多いでしょう。また、逆に失敗したと感じる方も中にはいらっしゃると思います。

そこで今回は、おさらいの意味で電気自由化の仕組みや目的、さらに、電力自由化のメリット・デメリットを確認していきましょう

1.そもそも電力自由化の目的って何?

今では聞き慣れてきた「電力自由化」は、2016年4月1日からスタートし、電気の契約先を自由に選べるようになりました。

電力自由化はメリットだけ?デメリットや用心すべき落とし穴は無い?

◇電力自由化の仕組み

電力供給の仕組み自体は、『発電所 → 送電線 → 変電所 → 配電線』 の経路をたどって各家庭まで供給され、電力自由化がスタートした後でも原則変わりません。

その電力を供給するシステムは、「発電」、「送配電」、「小売り」という3つの部門に分かれており、我々に関係があるのは2016年4月にスタートされた「小売り」の自由化であり、いわゆる電力自由化です。

それ以前は、住んでいる地域の電力会社、東京電力や関西電力など日本全国で10の電力会社からしか電気を購入できないよう電気事業法で規制されていましたが、電力自由化のスタートによってこの規制が緩和され、PPSという言葉が度々出てくるようになりました。

PPSとは、「 Power Producer and Supplier」の略語で、10の電力会社以外の発電事業者のことで、電力小売りに新規事業者として参入した「特定規模電気事業者」のことを指し、現在では「新電力」で統一されています。

◇電力自由化の目的

なぜ電力の小売り自由化が必要なのでしょう?

そこには、
・電力の安定した供給
・電気料金の抑制
・消費者の選択肢の拡大
・ビジネスチャンスの拡大

と、大きく4つの目的があるからです。

つまり、電力自由化で様々な新電力が参入すればするほど、安定供給の目的を果たしやすく、電気代の高騰を防ぐことができると考えられますよね。

2.電力自由化のメリットとは?

では、電力自由化によってどんなメリットがあるのか見ていきましょう。

電力自由化はメリットだけ?デメリットや用心すべき落とし穴は無い?

メリット➀ 電力会社が自由に選べるので選択肢が広がる

もちろん電気自由化の一番のメリットは、色々な電力会社を比較して自由に選べるようになることです。

導入される以前は、電力の小売りを各地域の電力会社が独占していましたが、電力自由化によって規制が緩和され、様々な新電力が参入してきたことによって、電気の購入先の選択肢が大幅に広がりました

つまり、お住まい地域の電力会社以外の電力会社から電気を買ったり、安い料金で供給している電力会社に乗り換えたりと、一般家庭でも豊富な選択肢から自由に選べるようになったことが、最大のメリットではないでしょうか。

メリット➁ 電気料金プランの多様化

電力会社とともに、多様な料金プラン、サービスの中から、各ご家庭のライフスタイルに合わせてプランを選択できるようになります

様々な業種の新電力が参入していることによって、自社のサービスとのセット割引といったプランの選択肢も増えています

例えば、携帯キャリアでは「携帯電話やインターネット回線とのセット割」、ガス会社では「電気代とガス代をセットにしたセット割」、または電気代に合わせてポイントや特典がつくことなど、様々なサービスが常に提供されています。

このように、ご家庭のライフスタイルに合ったサービスを選ぶことで、よりお得に電気が利用できるのではないでしょうか。

メリット➂ 電気料金の低下

電力自由化により新電力が増えれば増えるほど、従来の電力会社を含めた多くの新電力によって価格競争が行われ、自然に電気料金の低下を見込めます。

大半の新電力では、全国10の電力会社で一般的な料金プラン「従量電灯」に合わせた料金プランを提供していますが、料金単価を2〜5%程度下げているので、毎月の電気料金は料金単価の値下げ分、当然安くなるということになります。

メリット➃ 再生可能エネルギーからも電気の購入が可能

自分の買う電気がどうやって作られているのか、気になっている方も数多くおられます。

そこで、太陽光や風力、地熱などの再生可能エネルギーで発電した電気や、二酸化炭素排出量の少ない電気、原発由来でない電気を使いたいなど、環境に配慮した電気の購入も可能です。

さらに、都会で生活していながら地元の電気を買うことも可能になります。

以上のように、電力自由化は、電気を消費するご家庭や商店、企業などが電気の利用ニーズに合わせて電力会社を選べるメリットが大きく、自由化によって市場が拡大されることによる競争も活発になります。

結果として、健全な価格やサービスの競争が促され、料金の低下やサービスのさらなる向上が期待されています。

3.電力自由化のデメリットとは?

次に、電力自由化のデメリットと考えられる要素について見ていきましょう。

電力自由化はメリットだけ?デメリットや用心すべき落とし穴は無い?

デメリット➀ 電気料金が上がることも?

電力の小売りが自由化されれば、電気を発電する電力会社、新電力の間で競争が自然に促され、結果として一般的には電気料金は安くなると見込まれています。

しかし、先程のメリットとは逆行しますが、場合によっては料金が上がる可能性があります。

これは、既にアメリカやイギリスといった欧米などの諸外国では、日本が自由化を始める以前から電力の小売自由化が行われています。
諸外国でも電力の小売り自由化がスタートした直後は、日本と同じように電気料金が低下した国や州はあったのですが、長期的に見ると、自由化された諸外国すべて、燃料費の上昇に伴い電気料金も上がっているのです。

また、先程も説明した通り、従来の電力会社と同じ「従量電灯」の料金体系で、単価がより安いプランに乗り換える場合には、電気代は確実に安くなると言えるでしょう。

しかし、全く別の料金タイプを選択した場合、本当に安くなるかどうかは実際に使ってみないと分からないこともあります。

デメリット➁ 電力の安定した供給への不安?

こちらも目的に逆行してしまいますが、電力自由化によって多くの新電力が参入していることから、発電設備の保守能力や技術力などが異なることが考えられます。

新電力によっては、十分な発電設備を確保できていない事態が発生し、電力の供給能力が需要に対して不足し、停電が発生してしまう可能性もあります。

しかし、電力事業は国によって「同時同量」という規定によって、電力の需要と供給を絶えず一致させることが義務付けられています。
電力自由化により新電力会社がたくさん参入しますが、当然同じように同時同量の義務が課されます。

さらに、万一新電力で何かトラブルが発生して十分な電力を供給できなくなった場合、既存の電力会社が不足分を補うことになっています

このように、利用者にとっては請求相手が変わるだけで、電力の供給については今までとほとんど変わらないので、電気の供給はあまり心配する必要はないようです。

デメリット➂ 中途解約すると違約金が発生する

電力自由化がスタートする以前は電気の購入先が電力会社しかなかったので、契約を途中でやめるということ自体がありませんでしたよね。

しかし、電力の小売りが自由化されたことで、様々な電気の購入先が選べるようになり、契約項目の中に「契約期間2年間」と定められた契約が現れてきました。

そのため、違う新電力へ変更する際、契約期間内の途中解約と言う状態が発生するようになり、違約金を支払う必要が出てきたのです。

しかし、新電力会社によって違約金が必要な会社と、必要ない会社がありますので、契約時に違約金に関する条件はしっかり確認しましょう

以上がデメリットと考えられる項目でしたが、現状では、電気料金も適正価格で提供されており、電力も安定供給が行われていますので、過度に心配する必要はありません。

4.まとめ

今回は、電力自由化のメリット・デメリットをご覧頂きましたが、導入されて1年以上経っているので、各ご家庭でも良い面・悪い面は感じているのではないでしょうか?

メリットは、やはり電力会社・多様な料金ブランが自由に選べることに尽きると思います。
さらに、多くの新電力の参入によって、セット割やポイント還元といった、お得なプランも魅力的ですよね。

一方のデメリットでは、今後電気料金の値上げや、電力供給が不安定になるといったことが懸念されているようですが、現状では安定した価格と品質で電力供給されているので、あまり過度に心配する必要はないようです。

関連記事